合同会社こっから×合同会社CCC コラボイベント 実施のお知らせ

June 11, 2016

~今、地方で起業するということ、Co-Creationラーニングジャーニーから生まれる未来~

■開催日:6月23日(木)19:00 ~ 22:00 

    ※開場は18:45~

■場所 :【東京開催】エコッツエリア 「3×3 Lab Future」
      http://www.ecozzeria.jp/about/accessmap.html
                 東京メトロ東西線・千代田線・半蔵門線・丸ノ内線・都営三田線「大手町駅」 C10出口より徒歩約2分

■参加費:2000円

 

2016年3月9日、大学時代からの仲間5人がそれぞれ会社を辞め、

東京から縁もゆかりもない福岡県糸島市に移住して『合同会社こっから』を設立しました。

・自分を説得せず、自分の心の声に沿った生き方を選択をしたい
・好きな仲間と心が震えるような仕事をしたい。
・もっと手触り感を持って自分達の仕事を紡ぎたい。

 

約10年間勤めたリクルートとの肌合いもよく、会社ビジョンに共感し、

心から尊敬できる仲間にも出会い、自分の器よりも大きな仕事に挑戦するチャンスもたくさんありました。

それでも、期待に応えるために必死に仕事をしていると、本当にその仕事が会社ではなく、

自分がやりたいことなのか?そして、何者としてこれからの人生を生きていくのか?

自分自身の本当の声と現実起こっていることに違和感を持ち、

自分の人生を自分でハンドルを握って生きたい。

そう思い、学生時代に全精力をかけて活動していた「学生団体こっから」を

当時からの仲間5人で「合同会社こっから」にして起業をしました。

「友人5人で起業は危ない。スピードも遅い。セオリーから外れているので失敗する」
「いきなり福岡に移住は家族にも負担がかかる。」
「せっかく会社で脂が乗ってくる時期なのにもったいない」

反対意見や合理性で考えると賢い選択かどうかはわかりません。

それでも、仲間でぶつかり、問いかけ合い、葛藤を繰り返し、スタートすることを決めました。

「~しなければならない」から「~したい」に。

「社会の評価・期待に応えるために頑張る」から
「自分が大事にしている、在り方に沿って生きる」に。

評価や判断などの恐れからではなく、自分の意図に沿って生きるひとがひとりでも多く増えて欲しい。

そんな劇的な変化を生み出す一歩目を、その人自身から自然に踏み出せることにコミットメントしたい。

そして、それを誰よりも自分たちが体現したい。

ここに行き着くまでのストーリーを聴いて頂き、参加者の皆さんと共に今、

地方で起業をする魅力、そして自分の意図に沿って生きるほんの小さな勇気について探求します。

▼当日の内容(2部構成)

【 1部 】ストーリーテリングセッション
 CCCのパートナーの村中さんと藤本さんをファシリテーターに迎え、
 武井・大谷のストーリーテリングセッションを通じて、会場の参加者と一緒に
 皆さんの一歩目を探求する場にしたいと考えています。

【 2部 】CCLジャーニーについての案内 
 合同会社こっからの初のラーニングジャーニーはCCCとの共同開催。
 その中身について語ります。舞台である壱岐とCCLジャーニーの概要を簡単に紹介させて頂きます。

◆ CCLジャーニーとは
 7泊8日、社会課題を解決するプロセスを通じて、自分自身に徹底的に向き合うことで意識の変容および、
 自分自身のあり方を確立していくと共に、現実を創り出すという事の本質を体験から掴みます。
 <詳しくはこちら>→http://goo.gl/g4lm7Z

▼申し込み方法
 Facebookにてイベントページを作成しております。こちらからご応募ください。
 https://www.facebook.com/events/1802897816623470/
 上記URLより参加予定をクリックください!

▼支払い、キャンセル、領収書について
当日会場受付にてご支払いください。
キャンセルの場合は事前にFBで合同会社こっからまでご連絡ください。
※領収書が必要な場合は、当日会場にてお声がけください。

▼主催
合同会社こっから×CCC 壱岐CCLジャーニー事務局http://www.cc-creators.com/event/ccljourney1608/

▼ファシリテーター

・村中 剛志 CCCパートナー

大学卒業後、日本アイ・ビー・エムに 入社。金融業界を担当するITエンジ ニアを経て、3年間イギリスに赴任。帰国後、8,000人の組織を率いる役員補佐を担当しグローバルオペレーションを学ぶ。その後、IBMビジネスコンサルティングサービスに参画し、翌年年間最優秀賞を受賞。2009年から4年間、中国上海に赴任し、1,000人の中国人をリーダーとして率いる。グローバルの最前線で戦って成果も出ていたが、心のどこかに虚無感、むなしさを感じる。四半期単位での目標達成サイクル、それを必死で追いかける、達成して一瞬の喜びはあるものの、次の四半期は、また次の目標がやってくる。このサイクルを回し続けていても、自分自身、さらにはチームや組織、会社全体、さらには社会が幸せに向かっている感じがしなくなる。いろいろな出会いや紆余曲折を踏まえて、2012年末に中国からの帰国後、17年働いたIBMを退職後独立。

著書『「先読み力」で人を動かす』(2008年出版)は、5万部を超えるベストセラーに。韓国、台湾でも出版される。

 

・藤本 海 CCCパートナー

大学卒業後、株式会社キャリアデザインセンター入社。転職情報誌『type』や転職サイト『@type』の運営に携わる。営業として数々の記録(2年連続年間MVP・売上ギネス等)を残し、入社3年目で最年少マネージャー、5年目には最年少 で部長に昇進。営業部長、@type編集長、事業推進室室長を兼任しながら猛烈に働き、自社のIPOや東証への上場にも貢献。震災後、世の中の価値観がシフトしていくのを感じつつ、『自分の心が何に震え、何に感動するのか分からなくなった』と唐突に退社し、海外16カ国を放浪。2012年に株式会社doorz創業に取締役兼CMOとして参画。同社の海外研修プログラムが「日本の人事部 HRアワード」でプロフェッショナル部門最優秀賞を受賞。翌年、現パートナーと共に合同会社CCCを設立。年間200日以上『場』に身を投じ、組織の変革やリーダーシップ開発、個人の変容をサポートする「場」のファシリテートに携わる。現在も「人間が本物として生きる」をテーマに自己探求を進めながら、個人と組織の可能性を拓く「場」と「機会」を創り続けている。

 

▼サブファシリテーター

・大谷直紀 合同会社こっから 代表社員

大学卒業後、株式会社リクルートキャリア入社。福岡勤務後、本社コーポレートスピリット推進部に異動。CSR担当として次世代グローバルリーダー輩出プログラム「GLIP(Global Leadership Intern Program)」の立ち上げ後、新卒採用リーダーに従事。採用してあげる企業、採用してもらう学生という上下関係に違和感を持ち、自社の説明を一切行わないフラットでオープンな新しい対話の場「ROOTS」・一人でも多くの学生の「想い」に触れるために7000人規模の「全社員採用」にチャレンジ。その後、就職活動の中で「あり方(BE)から自分のキャリアを選択する」ことの大切さを伝えるため、内省型リーダーシップインターンプログラム「SPIRIT」を企画、運営。2014年初代リクルートグループHRアワード受賞。リクルートホールディングスIT人材統括室WEB採用グループマネジャーを担当。2016年4月、学生時代に立ち上げた団体を10年越しに法人化し、「合同会社こっから」設立。地域・企業・個人が純粋な意図に繋がるためのパワフルな場を展開中。

 

・武井 伸悟 合同会社こっから 代表社員

学生時代にカポエイラ修行@ブラジル、南米バックパックの旅、ラジオカフェ@京都でラジオDJ、動き出すきっかけ創りの学生団体こっからの立ち上げを経験。「あり方」から人をエンパワメントしたいという思いで株式会社インテリジェンスに入社。IT・WEB•コンサル業界の採用•転職支援を経て、最速で営業MGRに。その後組織•人材開発のMGRに異動。「遊ぶように学ぶ」をコンセプトにアート•クリエイティブ系ゼミの立ち上げ、i-adventureというNPOとの協業や、地方自治体との協業PJTを通してのリーダシップ開発スキームの構築、20代から50代までのキャリアデザイン研修の立ち上げ等々を経験。2011年にはコーチ・コミュニケーション講師としても独立しダブルワークに。もっと豊かに生きていくために、正社員でありながら日本に9か月、海外に3か月というデュアルライフを実践し、先進的なはたらき方としてAERA(2015/05/04・11日号)の巻頭特集に掲載。その後、さらにプレイフルに生きていくために縁もゆかりもない福岡県糸島市に直感のおもむくままに導かれ「合同会社こっから」を立ち上げ、独立。

Please reload

Please reload

最新記事
アーカイブ
Please reload

ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square