検索

『週刊Ooch Vol.43』【コラム:コラム:小屋作り進捗】 by 直紀

写真は貴重なおいちゃんのホワイトボードに書いた設計図。

驚愕です、使用する木だけでも100本近くあり、その複雑な構造、
全て基本的に頭の中で描いているのです。


なんとかイメージを書いてくれとお願いしたら、こんな感じになりましたw

職人芸が継承が難しい理由がよくわかりました。


3月の完成に向けて、どれくらい進んでいるかというと、、進捗率20%くらい。

どうしてもなかなか進みません。


理由はおいちゃんの忙しさ。74歳にして、各現場から引っ張りだこで、

なかなか捕まりません。本当に売れっ子でずっと働いています。


残る工程はざっくりいうと、、、


①墨入れ(柱のどこに凹凸を作るのかを印入れる)

②切り込み(柱と柱をつなげる凸凹を彫る)

③棟上げ(切り込んだ柱を組み上げていく)

④仕上げ(間柱や筋交いを入れて補強していく)


です。が、この墨入れがめちゃくちゃ難しい。

おいちゃんの頭の中にしかどこに印を入れるかが無いのです。

この墨入れが終わらないと、切り込み作業に入れません。


ちなみに、この切り込み作業も電動ノコギリを

立体的に使うため、下手したら指が飛ぶほど危険。


この①と②を超え、③の棟上げまで到達すると、

建物の全体像が見えてくるので、楽しいはずですが。。

もう少し進んだ図を近いうちに届けたいと思います。

乞うご期待!!






28回の閲覧0件のコメント