Co-Founder/代表社

大谷 直紀/Ooya Naoki

通称「なおきんぐ」。

人間環境学修士 | ラーニングコミュニティ「ソフトな人類学」主宰​ | 一般社団法人Brain Active with理事

前職リクルート社では人事として全社員採用・海外次世代リーダープログラム開発に携わる。

IT人材統括室採用マネジャーを経て、合同会社こっからを起業。大手企業からスタートアップの組織づくり・学びのデザイン、バリュー・ヴィジョンメイクを担当。

趣味は独立系本屋巡りとカレッジバスケットボール。
強みは好奇心と執念。星座は蠍座

Co-Founder/代表社

武井 伸悟/Takei Shingo

通称「V(ぶい)」。

エグゼクティブコーチ|呼吸家|ファスティングアドバイザー

学生時代はカポエイラ修行@ブラジル、南米周遊、京都でラジオDJ等を経験し、株式会社インテリジェンスに入社。最速で営業MGRへ。2011年にはエグゼクティブコーチとして独立しダブルワークに。2012年のSF留学をきっかけにもっと豊かにプレイフルに生きていくことを決意。正社員でありながら日本に9か月、海外に3か月というデュアルライフを実践し、先進的なはたらき方としてAERAの巻頭特集に掲載。現在は、「そろそろ旅に出ますか。」の家守、こっからの新規事業立ち上げをメインにしつつ、福岡、東京、海外の多拠点ライフを通じてプレイフルを日々探究&実践。ファスティングアドバイザーの資格を持つが、鶏の唐揚げが大好物なかに座

Co-Founder/代表社

巴山 雄史/Hayama Yushi

通称「ユーシ」

株式会社プレイフォー取締役  |  一般社団法人フォー普及協会理事  |  Webマガジン「週刊Ooch」編集長

2006年関西学院大学卒業後、株式会社リクルートに入社。住まい領域に配属され、広告を主としたコンサルティング営業、マネージャーを経験。創業後は、人材開発、組織開発の企画・ファシリテーションを行う一方で、一般社団法人ALIVEの立ち上げ、株式会社プレイフォー(Pho Thin TOKYO)のマーケティング等を担う。

趣味は月に一度のコミュニティFMのラジオパーソナリティとトレイルランの牡羊座 

Co-Founder/代表社

寺平 佳裕

/Teradaira David Yoshihiro

称「デビ」。
キャリアコンサルタント|ラジオDJ|スパイスカレーイベント主催|スパイス転職メディア運営
大学卒業後リクルートキャリアへ入社。法人の採用支援(エージェント業務)をメインに大阪・東京で勤務。
合同会社こっから創立後もキャリアコンサルタントをメインにしながら、ラジオDJやスパイスカレーのイベントを主催。「やりたい」を大事に活動し無謀な挑戦を続けており、2017年「東京〜福岡(1000km/17日間)の完歩」2018年「キリマンジャロ(5,895m)の登頂」、2019年「サハラ砂漠マラソン(250km/7日間)完走」を達成。次はアタカマ砂漠マラソンか南極マラソンか。
更にはM-1予選(1次予選敗退)・サッカー・ボクシング・サーフィンにまで手を出す行動派の山羊座

Co-Founder/代表社

墨 健二/Sumi Kenji

 通称「すみけん」。

米国での留学生活後、"世の中の学生をもっとイキイキさせたい"という想いを抱き、学生団体こっからを創設。代表を務める。数々の企画を通じて、学生の動き出す場ときっかけをつくりだすことを経験。社会に出ても"人の動き出すきっかけをつくる"を軸に、株式会社リクルートコミュニケーションズに入社。広告制作ディレクターを経た後、新サービス・新ビジネス開発に従事。現在は、東京をベースにエンパワメント事業(組織開発・人材開発領域)にて、対話の場づくり・ファシリテーターを担う。併せて一般社団法人ALIVEでは代表理事を兼任。最近は、プロセスワーク、気功、呼吸、筋トレなど、人間のアタマとココロとカラダの探究を行う。納豆と漫画と手品がLoveなおとめ座です。好きな言葉は“あそびに学び、学びにあそぶ”。 

Co-Founder/代表社

黒川 公晴

/Kurokawa Kimiharu

 通称「きみはる」。


一般社団法人Brain Active with代表理事|一般社団法人ALIVE理事|米国ミネルバ大学Managing Complexity講師|ペンシルバニア大学組織開発学修士
前職は外交官。ワシントンDC、イスラエル/パレスチナで勤務。イスラエルではアート外交の担当として外務省史上初のAll Nightクラブパーティを主催し現地報道を賑わす。その後日米安保、国際法等様々な分野を手がける傍、総理大臣、外務大臣の通訳を務める。国益や価値観がぶつかり合う交渉に携わる中で、個と個が生み出す可能性、個と組織の在り方に強い関心を持ち、独立。得意分野は組織のビジョン・バリュー作り、チーム開発、紛争解決、内省支援。高度な英語ファシリテーションも可能。ワインは大き目のグラス、メガネは伊達。格好重視の牡牛座
 

プレイフルパートナー

三原 桃子/Mihara Momoko

​通称「ももちゃん」。

長崎県生まれ長崎県育ち。中学生の頃から保育士は子どもと遊ぶだけだから勉強はできなくていいと勘違いをし続け、大学は保育学科へ入学。勘違いであったことに気付いた頃には子どもの虜だった。大学卒業後、理想の保育を探して日本各地旅に出る。福岡県にあるわくわく子どもえんと出会い、糸島への移住を決断。わくわくのスッタフを務め毎日子どもたちと海・山・川・田んぼを探検する。子どもと自然に自分を愛することを教えてもらい、さらなる自分を見つけにわくわくを離れ放浪中に、こっからと出会い、「桃」という名前がきっかけで、2019年8月から「そろそろ旅に出ますか。」のコミュニティマネージャに就任。また、糸島にある「お山の樂校フリースクール」のスタッフも務める。子どもと共に暮らすことが大好きな蟹座。まだまだ旅は続く。

プレイフルパートナー

野寄 文雄/Noyori Fumio

通称「おいちゃん」。

元大工の棟梁。今はさすらいの人であり、合同会社こっからの農業・DIY顧問。そして人生の師匠。山では木の切り方、獣の狩り方、野草の取り方、海ではどこにどんな魚や海藻や貝がいて、どんな取り方で、どんな捌き方をして、どんな料理で食べるのが美味しいのか、畑に入れば土の育て方、野菜の育て方、食べ方等、そんな生きるためのありとあるゆる知識と技術を持ち、収穫したものは近隣の人々にシェアをして、すべて大好きなお酒で還ってくるという循環の生活を昔から実践。合同会社こっからとは地元のラーメン屋でたまたま出会い、畑、家の修理・DIY、その他生活に必要な様々なサポートをしてくれている。ちなみに報酬はもちろんお酒で、おいちゃんお気に入りの焼き芋焼酎「鬼火」。こっから大入ハウスには神出鬼没。ふらっとやってきて、自然に向き合う中で培った観察眼と智慧から放たれる何気ない一言にハッと気づかされることも多々。運が良ければ会える。更に機嫌が良ければ自ら捌いた鶏料理を振舞ってくれる。

「じぇんぶわががつくった(全部わしが作った)。」

「これじぇんぶたべらるる(これ全部たべられる)。」が口癖。

プレイフルパートナー

坂田 賢治/Sakata Kenji

 

 

1984年福岡県福岡市生まれ。

学生時代は京都と大阪で建築の意匠設計と創造都市論を学び、 27歳で就職を機に地元福岡にUターン。

独自の視点で物件を紹介する不動産屋「福岡R不動産」にて、福岡県内20の自治体と空き家を活用した移住促進プログラム「トライアルステイ」や那珂川町の空き家バンク「SUMITSUKE那珂川」を企画・運営。また、福岡R不動産に所属しながら、2012年にアートスペース「FUCA」を、2015年に福岡を愛する人を全力支援するイベント「フクコン」を立ち上げ、運営する。2017年夏から1年間の無職を体験した後、2018年夏から本格的再始動。現在は福岡天神の100年先の暮らしの実験コミュニティ「QROSS」や、長崎県の離島壱岐にて「壱岐YOYO」というこっからが手掛けるイノベーションプログラムの運営を共に行っている。基本的に飲み会と本と旅があれば幸せな牡牛座。

 

 

プレイフルパートナー(写真左)

 

Andreas Vinther Molgaard

 

 

My name is Andreas. I grew up in Denmark and during my 20s and 30s I’ve lived in different countries such as Portugal, Germany, the UK and now Japan. Before moving to Japan I lived for 13 years in London where I did my Master Degree in Design Interactions at the Royal College of Art. Since then, I’ve worked as an Interaction Designer and User Experience Consultant helping companies such as Morgan Stanley, Microsoft, Mercedes Benz, Samsung, UBS Investment Bank and the BBC bring innovative award winning products to market. I’ve also enjoyed lecturing on human-centered design methods and exhibiting my own personal design projects across Europe and Japan. I also once wrote a book about how to survive the end of the world.
I love science, music, being a daddy and jumping in cold lakes in the winter. In early 2018 I moved with my wife and two kids to Itoshima, Fukuoka. Here I was introduced to Kokkara. We have since had the great pleasure of collaborating with Kokkara on many exciting projects.

 

 

プレイフルパートナー(写真右)

 

松村 英理子/Matsumura Eriko

 

 

 

 

 

東京生まれ。慶應義塾大学SFCを卒業。

ロイヤル・カレッジ・オブ・アート(RCA)のデザインインタラクション科修了後、作品をMoMA、英国日本大使館、ソウルメディアアートビエンナーレなどで展示。ユーザーエクスペリエンスデザイナー(UX)としてロンドンでヨーロッパ内外のプロジェクトに関わる。

2018年4月に長年住んだロンドンを離れて、サバティカルイヤーでデンマーク人の夫、3歳の娘、0歳の息子と糸島へ。自然豊かな環境での子育て生活を楽しみながら、新しい価値観に触れる日々。
直感、出会い、流れを大切にしたい蟹座。
座右の銘:思い立ったが吉日

 

 

 

プレイフルパートナー

グェン・テュロン・ティン/NGUYEN TRONG THIN

 

 

 

 

 

通称「ティンさん」

ベトナムはハノイにある大人気のフォー専門店「Pho Thin」の創業者。

たくさんの人に毎日食べてもらえるフォーをつくりたいと想いから、あらゆる食材を試しては独学で味を探求し45年前にPho Thinをオープン。今では50席ほどのお店に1日2000〜2500人ほどの人が訪れる超人気店に。

フォーを出す器は白の陶器、お箸は木製、ずんどう鍋はアルミ製、お肉を1ブロック切るごとに必ず包丁を研ぐなど、最高のフォーを提供するためにとことんこだわりを持つプロ料理人。

そんなティンさんのフォーに惚れ込んだすみけんがティンさんに直談判し、ティンさん秘蔵のレシピを譲り受けることに。これから日本初進出となる「Pho Thin」の監修役としてベトナムから全面的にバックアップする。

なお、ティンさんのこだわりはフォーだけに留まらず、サングラスはRay Ban、自転車はアルミ製、電化製品はmade in Japanなど、様々なジャンルでの自分ルールを持ちまくるしし座。

2018年には65歳にして初めての来日を果たし、ソフトクリームのおいしさと美しさに感動を味わう。